苦労

犬吠える落ち着かせる

ふつう、しつけされていないと無駄吠えの回数が増加するミニチュアダックスフンド犬も、じっくりとしつけを行えば、無駄吠えすることを減少させていく事だってできるはずです。

さまざまなコツなどで、子犬にしつけを行うと、それからあとの愛犬との人生が、非常に快適で、意義あるものになるに違いありません。

愛犬をしつける時は、吠えるまたは噛むのは、どんな訳があってそのように吠え、噛むのかを見極めてから、「吠えることは良くない」「噛むのは良くない」というようなしつけをすることが大事だと考えます。

犬というのは、成犬の歯になる成長期にある子犬は、すごく腕白、お転婆みたいです。

そういう子犬の時期に的確にしつけを完了させるようにするのがベストです。

一般的に、柴犬は無駄吠えといった行動をする犬種ではないでしょうか。

なので、無駄吠えをしつける際には「苦労するかも」と覚悟を決めたほうが確実だろうと考えます。

普通、チワワと人間が共に生活する願いがあるのならば、社会性のようなものを体得しなければいけないはずです。

つまり、子犬の頃からしつけるよう努めないと駄目だと思います。

犬の噛むという行為は、ほぼ例外なく体罰を与えるしつけや我儘に飼育したための上下の関係の逆転が理由です。

みなさんは以前、甘噛みしていた犬を叱ることをせずにいたんじゃないですか?